社労士試験の勉強法

社会保険労務士の勉強法とは?

社労士試験の学習方法には、色々な方法があります。
勉強法は人それぞれで、「これが一番!」という方法はありません。

 

社労士試験は難易度の高い試験なので、自分に合った勉強法を早いうちに
見つけ、本来の学習に時間を割く事が大切です。

 

このサイトでは、私が実際に社労士試験に向けて行った勉強法を紹介します。
私が行った勉強法があなたにも合うとは限りませんが、参考になる部分が
一つでもあれば幸いです。

 

勉強方法マニアにならないように注意しましょう

社労士試験合格に大切なのは、自分に合った勉強法を見つけることと、
それ以上に学習を続ける事です。

 

学習の初期には勉強法を探す方が多いと思いますが、中にはいつまでも勉強法を
探して、どれが自分に合っているのか分からず、学習に入れないという方がいます。

 

勉強方法を探すことに沢山の時間を割くことは非常にもったいないです。
また、勉強方法を探すことで、なんとなく勉強している気になってしまうことも
良くないです。勉強法収集マニアにならないようにしましょう。

 

学習を進める中でカスタマイズすれば良い

勉強法を調べてみて、その勉強法で実際に勉強してみても何となくしっくり
こないものもあります。勉強方法が自分に合わないと思ったら、学習を進める中で
自分に合った勉強方法にカスタマイズしていけば良いです。

 

 

一番の学習法は継続することです

漠然とでも良いので、勉強法が決まったらそれを信じて勉強を続けて下さい。

 

どんなに素晴しいと思える勉強法を選んでも、学習を続けなければ社会保険
労務士試験に合格出来ません。社会保険労務士試験は挫折する方が多い
試験の一つですが、学習を続けていれば合格のチャンスが出てくる試験です。

 

是非、自分に合った勉強法をみつけ、とにかく学習を続けて下さい。
きっと「合格」の2文字が手に入るはずです。私にも合格できたのですから。