社労士試験勉強法

社労士試験の学習法記事一覧

テキスト(基本書)の使い方

「東大首席卒業の方の勉強法に書かれているように、『テキストは7回読んでください。』7回読めば頭に入ります。」と書きたいのですが、私はテキストを読み返すのが苦痛でしたので、私にはできませんでした。私の場合のテキストの使い方を書かせて頂きます。あまりテキストを読まない方法です。過去問(問題集)を使いなが...

≫続きを読む

 

テキストへの書き込み

書き込む内容についてテキスト(基本書)の使い方で、テキストに書き込む内容を3つあげました。書き込みをする内容は、次の3つです。過去問の内容のフィードバック繰り返し間違えた内容覚え方ここではもう少し詳しく書いてみます。過去問の内容をフィードバックどこが分かれば正解するのか過去問の使い方にも共通になりま...

≫続きを読む

 

過去問(問題集)の使い方

過去問では問題の問われ方を知れ過去問はどのように使えば良いのでしょうか?キーワードは「論点」です。過去問を使用しながら、問題の論点を確認していきます。問題の論点と言っても難しく考えることはなく、問題文の中で「どこが合っていれば解けるのか」「何がわかれば解けるのか」、これを単語単位で確認していきます。...

≫続きを読む

 

模擬試験の使い方

6月頃になると、資格学校などで社会保険労務士試験の模擬試験(模試)が行われます。一度、模擬試験を受験して、本番の試験の感じを掴むと良いと思います。ただし、模試は本番の試験(本試験)と比べればまったく違うものです。特に、会場の雰囲気や精神的なプレッシャーは、模擬試験で体感するものと本試験で感じるものと...

≫続きを読む