社労士試験勉強の学習スタイル

学習スタイルは3つ

社会保険労務士試験の学習スタイルは、3つあります。

 

  • 独学
  • 通学(資格学校に通う)
  • 通信講座

 

この3つの学習スタイルのどれかの方法で学習を進めていくことになります。

 

独学

独学は、すべて自分で学習するスタイルです。
市販のテキスト(基本書)や問題集を買ってきて、自宅や図書館などの
スペースを利用して学習します。

 

通学

通学は、資格学校に通って学習するスタイルです。学校で配布される
専用のテキストと問題集を使用し、講師による噛み砕いた内容での講義が
受けられます。多くの学校では、学習スペースとして教室を開放して
いますので、勉強場所の確保に悩むことが少なくなります。

 

通信講座

通信講座は、独学と通学の中間のような学習スタイルです。
通信講座を開講しているスクールのテキストや問題集を使用して学習しますが、
通学とは異なり、独学のように家や図書館などのスペースを利用して学習
していきます。

 

学習スタイルは早めに決めてしまいましょう

それぞれの学習スタイルに良い面と悪い面があります。
学習スタイルを途中で変更するのはなかなか難しいので、どの学習スタイルで
勉強を進めていくのかを早い段階で決めてしまう必要があります。

 

あなたの性格や生活スタイルに合った学習法を選ぶことが重要です。

 

別のページで、それぞれの学習スタイルのメリット・デメリットを書いています。
独学による学習のメリット・デメリットはこちら
通学による学習のメリット・デメリットはこちら
通信講座による学習のメリット・デメリットはこちら

関連ページ

独学のメリット・デメリット
社会保険労務士試験の勉強スタイルの内、独学による学習の良い部分、悪い部分を取り上げてみます。
通学による学習のメリット・デメリット
社労士試験に合格した私が、学習の中で試行錯誤しながらみつけた勉強法を書いています。この方法を教えてあげた後輩は、飛躍的に点数を伸ばしました。
通信講座のメリット・デメリット
社会保険労務士試験の勉強スタイルの内、通信教育による学習の良い部分、悪い部分を取り上げてみます。
社労士試験の通学講義を行っている資格学校
社会保険労務士試験の通学講義を行っている資格学校は大手を選べば間違いありませんが、大手スクールにはどんなところがあるのでしょうか。
社労士試験の通信教育を行っているスクール
社会保険労務士試験の通信講義を行っているスクールにはどんなところがあるのでしょうか。