フォーサイト社労士の教材選び

単科講座とセット講座

フォーサイトの社労士教材は、次の5つがあります。

  • 基礎講座
  • 過去問講座
  • 直前対策 講座
  • バリュー1
  • バリュー2

 

「基礎講座」、「過去問講座」、「直前対策 講座」は単科講座で、
「バリュー1」と「バリュー2」は単科講座をセットにした講座です。

 

基本的には、単科講座である「基礎講座」と「過去問講座」の2つを利用して
学習することになります。

 

セットの講座は、

  • バリュー1は、基礎講座と過去問講座がセットになったもの
  • バリュー2は、基礎講座と過去問講座と直前対策 講座がセットになったもの

です。
バリュー講座は一定の時期がくると申し込みできなくなります。
申し込みの時期が早い段階で、まだバリュー1やバリュー2がある場合には、
このお得なセットに申し込むと良いですね。

 

注意点

通学講義の場合には、基本的にはテキストと問題集がセットになった講座になっています。

 

以前通学で学習をしていて新しく通信での学習に変更する場合などには、
通学講義の感覚で基礎講座にだけ申し込むと、問題集が無いテキストだけの
教材が届いてしまいますので注意が必要です。

 

コースの選択

また、それぞれの講座には、CDコース、DVDコース、CD+DVDコースがあり、
この選択も悩むところです。

 

CDコースはDVDの音声のみを抽出したコースで、忙しいから音声しか
聞かないという人には、CDコースが一番値段が安いのでおすすめです。

 

映像講義も見たい人は、DVDが付いているDVDコースかCD+DVDコースの
どちらかを選ぶようにしてください。

 

DVDの映像講義は、仕事から帰ってきた後、疲れていてテキストが頭に
入らない場合などに、ボーっと眺めながら概要を学習するするのに向いています。

 

社会保険労務士

 

結局どれを選ぶのか

私がフォーサイトで教材を選ぶとすれば、バリュー2のDVDです。

 

3つある単科講座はどれも大切で、「基礎講座」、「過去問講座」はいうまでもなく、
また「直前対策 講座」には、社労士試験でとても大切な「法改正対策編」が
含まれていますので、これも必要になります。

 

単科講座をすべて取るという形になると、バリュー2があれば、バリュー2が
一番お得です。

 

直前になると「法改正対策編」だけでの申し込みができますので、
「バリュー1」+「法改正対策編」という組み合わせも捨てがたいところです。

 

「基礎講座」、「過去問講座」、「法改正対策編」の3つは、合格に向けて
必須の講座ですので、この3つは受講して学習する必要があります。

 

フォーサイトの社労士講座

関連ページ

社労士試験勉強の学習スタイル
社会保険労務士試験の勉強方法には、3つのスタイルがあります。学習スタイルは一度決めてしまうと途中で変えるのが難しいので、早めに決めてしまいましょう。
独学のメリット・デメリット
社会保険労務士試験の勉強スタイルの内、独学による学習の良い部分、悪い部分を取り上げてみます。
通学による学習のメリット・デメリット
社労士試験に合格した私が、学習の中で試行錯誤しながらみつけた勉強法を書いています。この方法を教えてあげた後輩は、飛躍的に点数を伸ばしました。
通信講座のメリット・デメリット
社会保険労務士試験の勉強スタイルの内、通信教育による学習の良い部分、悪い部分を取り上げてみます。
社労士試験の通学講義を行っている資格学校
社会保険労務士試験の通学講義を行っている資格学校は大手を選べば間違いありませんが、大手スクールにはどんなところがあるのでしょうか。
社労士試験の通信教育を行っているスクール
社会保険労務士試験の通信講義を行っているスクールにはどんなところがあるのでしょうか。