社労士試験勉強法

資格学校や通信講座を利用して勉強をしたいけど、お金がかかるのが
ネックだと考えている人もいると思います。

 

資格学校や通信講座には、教育訓練給付金という補助金が出る場合があります。

 

教育訓練給付とは

教育訓練給付とは、雇用保険から支払われる補助金です。
一定の条件を満たした人が、厚生労働大臣の指定する講座を受講し、
修了した場合、実際に支払った費用(入学金と受講料)の2割(最大10万円)が
支給されます。

 

  • 条件を満たした人
  • 大臣の指定する講座を修了
  • 支払った費用の2割(最大10万円)が支給

 

教育訓練給付は、社会保険労務士試験の試験範囲である「雇用保険法」の分野です。
受給の要件を満たせそうな方は、勉強の意味を兼ねて受給してみるのも良いかも
しれませんね。

 

一定の条件を満たした人

一定の条件を満たした人とは、受講開始日の時点で、雇用保険の被保険者で
あった期間が通算1年以上ある方が対象になります。
雇用保険の被保険者であった期間は、雇用保険に加入していた期間の事です。
基本的には、正社員の方は、入社したときからの在籍期間だと考えれば良いです。

 

※ 以前に教育訓練給付を利用したことがある場合は、前回の利用から受講開始日
までの期間に、雇用保険の被保険者であった期間が通算3年以上必要になります。

 

 

大臣の指定する講座

教育訓練給付を受けたい場合には、資格学校や通信講座で「教育訓練給付
対象の講座」があるかどうかを確認して、「教育訓練給付対象の講座」があれば
対象の講座に申し込み受講することになります。

 

「教育訓練給付対象の講座」がなければ教育訓練給付は支給されません。

 

実際に払った額の2割が支給される

教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額となります。
最大で10万円が支給されます。
ただし、支給額が4,000円以下の場合は支給されません。
つまり、2万円以下の講座では教育訓練給付は支給されません。そもそも教育
訓練給付の指定講座になっていないとは思いますが。

 

通学の場合180,000円くらいの講座が多いので36,000円くらい、
通信の場合75,000円くらいの講座が多いので15,000円くらいが貰えることになります。

 

 

教育訓練給付の手続方法

教育訓練給付を受給するためには、手順があります。何でもかんでも貰えるわけではありません。

 

  1. 受講前の手続:対象講座への申込
  2. 受講:対象講座の受講及び修了
  3. 受講後の手続:講座“修了”後、支給申請

 

受講前の手続

対象となっている講座へ申し込みをする。

 

「厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了する」必要がありますので、
受講前に講座が教育訓練給付の対象になっているか確認した上で、対象と
なっている講座へ申し込みをする必要があります。

 

対象となっている講座の開始時期が限定されていることもありますので、注意が必要です。
社労士試験を対象とした指定講座の場合には、次の2パターンがあります。

 

  • A:コース選択の際に、教育訓練給付制度対象となっているコースを選ぶタイプ
  • B:申込の際、教育訓練給付制度を「利用する」「しない」のチェックをするタイプ

 

例えば、
フォーサイトや資格の大原の通信講座の場合、コースの選択の際に、「給付金
対象」と書かれているコースを選択します。(Aのタイプ)
ユーキャンの場合、申込の際、教育訓練給付制度を「利用する」「しない」の
チェックをする欄がありますので、「利用する」を選択して申込みます。(Bのタイプ)

 

受講

指定講座の“修了”が必要になります。
教育訓練給付は、ただ申し込めばもらえるというものではありません。

 

何を持って講座を修了とするのかは、講座によって異なります。
指定講座の修了の要件は、「試験合格」などという難易度の高い内容ではなく、
「科目ごとのテストによる成績が一定以上」などが要件になっています。
「この科目ごとの単元テストの成績が一定以上」というのは、1度のテストで点数が
取れない場合でも、追試や補講などを行ってくれるので、普通に学習していれば
修了できるレベルです。

 

修了後1か月以内に支給申請

教育訓練給付を貰うためには、教育訓練の受講「修了日の翌日から1か月
以内に手続」が必要です。忘れていたら貰えません。
案外これが忘れやすいので、修了の証明を貰ったその日にハローワークに
行ってしまいましょう。